ぽんた78小屋へようこそ☆彡

皆様、初めまして。ぽんた78です。このブログは日記みたいな感じでブログを書いていきます(^^)/

お題ブログ第7弾

お題「誰にも信じてもらえない体験」

 

皆様、こんばんは。ぽんたです🐰☆彡

今日も一日、暑いですね~(^^;)

 

 久しぶりのお題ブログですね。さて、お題に沿ってお話をさせていただきたいと思います。

 

 誰にも信じてもらえない体験という事なのですが、少し寒気がしてきてしまうかもしれませんがお付き合い願いたいと思います。

 

 私は霊感はないとは思うのですが、子供の頃、九州に住んでいる祖母がなくなってから、何か月後か経った頃にトイレに入っていた所、女性の声で私の名前を呼ぶ声がしたので、母親かと思い呼んだ?と何回も確認した事があります。

 

 母親はその度に何も呼んでないよと言っていたのですが、毎日ではないのですが、声が聞こえたり、寝ていても急に金縛りにあう事が何回もありました。

 

 大人になり今現在、その声を聞く事はなくなりましたが、薄暗いトンネルや蛍光灯のない小道、夜くらい山道等、行った時に凄く鳥肌が立ち、この場所に行ったらやばい!!って思うんですよね。

 

 気のせいだともいますが、そういう時には道を変えたりしています。昨年に実際に体験した事なのですが、いつものように夜勤業務を終えて、いつもの帰り道の橋を渡っていた所、道側にではなく、川側の橋の方に人らしき物が橋を渡った時に見えたのです!!

 

 私は一瞬にして鳥肌が立ち、気持ちが悪くなりました。自転車で帰っていたんですが、後ろを振り向いちゃいけない振り向いちゃいけないと思いつつも凄い視線を感じていた為、つい自転車を止めて振り返ってしまいました。

 

 やはり人が立っていたのです。しかも、車が通っているのに川の方をじっと見つめているだけ………

 足がちょうど柱で隠れており霊なのか本当の人間なのかがわからなかったのですが、怖くなりダッシュで自転車をこぎました。

 

 途中、怖くて何度も後ろを振り返ったりしましたね(^^;) 翌日、最悪の事を考えていたので、ニュースやネットで調べていたのですが、どこま事故などがありませんでした。

 

 嫁に話をしたのですが、疲れているんだよと言われ信じてもらえず、今もたまにその橋を渡るのですが、寒気だけがあります。

 

 もしかしたら、私は中途半端に霊感があるのかもしれませんし、本当に疲れていただけなのかもしれませんが、あの時の人物の顔は今でも忘れていません。

 

 あの橋には何かがあるのかもしれません。あのものの体験は二度としたくないですね。

 

 今では夜勤業務が終了した後は必ず明るい道、大通りを通るようにしていますが、たまに大通りでもやばいなと感じる時は少し道を変えて帰っています。

 

 誰にも信じてもらえないかもしれませんが、私はそういう体験をしています。私よりもこういった体験をしているかたがたくさんいると思います。そういった方々も怖い思いをしているんだろうなと私自身が体験して思いましたね。

 

 今回の夜ブログはこの辺で終わりたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 また次のブログでお会い致しましょう☆