ぽんた78小屋へようこそ☆彡

皆様、初めまして。ぽんた78です。このブログは日記みたいな感じでブログを書いていきます(^^)/

14年間働いてきて得たもの-学生時代3-

皆様、こんばんは。ぽんたです☆(=^・^=)☆

今日の夜ブログは昨日に引き続いて、14年間働いてきて得たものを書いていきたいと思います。

皆様、しばらくの間、お付き合いを御願い致します(^▽^)v

 

 さて、学生時代3と言う事ですが、今回の記事で学生時代の話しは終わりになります。(やっとかーって感じですねw)

 昨日は冷凍食品工場までの話しで終わりました。私は冷凍食品工場でのアルバイトが終了してから、しばらくの間、アルバイト探しをしていましたがなかなか、良い場所、良い時間がありませんでした。

 

 私は時給が良いというよりも、自宅から近い場所、学校が終わってすぐに行けそうな場所を探していました。いろいろと探していたんですが、工場でのアルバイトが楽しく感じていた私は工場の求人を探していました。

 

 そこで見つけた場所はまた食費工場でした。さっそく電話をして、面接を受けに行きました。面接時に私はバカ正直に今までのアルバイトを辞めた経緯を話してしまったのですw

 嘘はいけないとは思うのですが、バカ正直に答えたりしたら、落とされる可能性がありますよね?面接後、私は絶対に落ちたと思い、次の場所を探していました。2日後に面接結果の電話がきて、採用と言われた瞬間にあれっ?って正直、思っていました(^^;)

 

 3つ目のアルバイト先が今、働いている会社となるんですが、アルバイトでは3ヶ月間、経験させていただきました。その日に使用する原料の運搬作業だったり、翌日の使用する原料を計算して準備をしたり、昼交代に入る為に作業内容を覚えたりするのが最初のうちは大変でしたが、冷凍食品工場での経験が少しあったので、慣れるまでにかかった時間が少なくすみました。

 

 今の会社では従業員の数が社員を含めて300名以上いるので、人の名前を覚えたりする事が大変ですが、食品工場が楽しく感じていた私は毎日、アルバイトを楽しみながらやっていました。

 

 今の会社で、毎日原料の準備や運搬作業をしていた為、学生の頃に腰を痛めてしまいました。十分気をつけて作業をしていたんですが、毎日のように30kgの原料を10袋以上運搬したり、箱詰めが終わったパレットをラップをまいて、リフターで運搬したりするので、腰を痛めてしまったんですね・・・

 

 腰は若いうちに痛めてしまうと大変というのを聞いていましたが、本当に大変ですね。私は暖かったり、寒かったりすると腰が痛くなります。皆様も腰には十分気をつけて下さいね!!

 

 学生時代に今働いている、会社に入って、得たものと感じた事は、

  • 製品に入る原料の名前をわかった事
  • 自分の仕事への誇り
  • 工場にはいろんなタイプの人がいて、皆が皆仲が良いわけではない事
  • 日によって生産量が違う事
  • 時給が高い場所ほど、する仕事内容が大変なんじゃないかな?と言う事
  • アルバイトでも頑張れば従業員になれるという事(自信につながる)

 私は短大を卒業するまでアルバイトをしてから、工場長に呼び出され、”もう少し長く働けないの?”と聞かれたので、私は”出来ます”って答えた、次の日に面接になり、アルバイトから従業員(パート)になる事になりました。

 

 短大の就職活動は私は一切していませんでした。短大で挫折をしていたので、しばらくはバイトでいいやって思っていたところの従業員への話しだったので、運が良かったのかもしれませんね。

 

 従業員になってからの人間関係の難しさを思い知らされました。人間関係ほど難しいものはないですよね?今も人間関係に悩まされる事はありますが、これは働いている以上はしかたないことですよね。

 皆様も人間関係で悩まされた事があるんではないのでしょうか?悩み過ぎても仕方ないのでしょうが、悩んでしまいますよね。

 

 アルバイトの時に私はこの仕事が好きになり、もっと覚えたい、製品を自分でも作ってみたいという気持ちになっていました。自分を必要と感じてくれている人がいる事で、私は自然にそれが自信となり、自分の仕事を誇りを持てるようになりました。

 

 仕事は楽しい事ばかりじゃありませんが、誇りを持ってする事は自分にとっても良い事だと思います。あとは無理をしないで、周りを頼る事、一人で悩まずに仕事をする事をしていく事が仕事を長く続けられるのでないかと思います。

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。