ぽんた78小屋へようこそ☆彡

皆様、初めまして。ぽんた78です。このブログは日記みたいな感じでブログを書いていきます(^^)/

【動物】うさぎを飼っていた時の話

皆様、こんばんは。

2児のパパをしております、ぽんたでございます!!

 

今回は私が子供の頃に飼っていた、うさぎの事を話しながら、うさぎの飼い方で注意をしなくてならない点を私なりにお伝えしようと思います。

 

うさぎとは・・・全身が柔らかい体毛で覆われている小動物です。毛色は品種改良もあって色も毛の長さも多彩みたいです。うさぎの足の裏には肉球はなく、厚く柔らかい体毛が生えています。ストレスを感じやすく、毎日のように周りを警戒します。

 

私が飼っていた、うさぎは私が幼稚園生だったころに父親の知人から安く売ってもらってからの付き合いでした。そのうさぎと出会った頃はまだ赤ちゃんですごく小さく凄く可愛かったのを覚えています。

 

うさぎは寂しがり屋というのも、聞いたり図鑑で調べたりして知っていたので、常に抱っこをして一緒に過ごしていました。

 

その子の名前なのですが、”ぽんた”でした!!あれっ!?って思ってた方がいらっしゃると思います。そうです、私のぽんたの名前の由来はこの子(うさぎ)からとって付けた名前なんです。

 

なぜ、この名前にしたか気になりますよね?他にいい名前を付けたら良かったのでは?と思うかもしれません。

 

私にとって、この名前というのは忘れたくない、そして忘れてはいけない名前なので”ぽんた”と付けました。彼と一緒に過ごしてきた日はあの頃の私にとって大変楽しいもので思い出となっているのです。

 

あっ!!ぽんた君(以後、ぽんた君と言います)はオスで色は白でした!彼は赤ちゃんのから元気いっぱいで、家の中でもたくさん走り、お腹がすいたら人参をぼりぼり、お腹いっぱいになったらすぐに眠くなり寝てしまう。そんな自由な子でした。

 

小学生の頃、その子の観察日記を書いていました。父親が作ったオリジナルの小屋に入れられ、毎日、その小屋の木をガジガジかじって、私に怒られていた子。どうやら歯が伸びてきたので、木をかじっていたようですね。

 

家の中飼ってしまうと、家じゅうのコードをかじってしまう恐れがある為、家の中で一緒に過ごしたいと思っている方がいらっしゃいましたら、お気を付けください。

 

うさぎは耳が一番重要箇所となります。あの長い耳で周りの状況を把握をする為に必要な耳なんです。絶対に耳は持たないであげてくださいね!!

 

あっ!!ちなみに私の父親は思いっきり耳を思っていました(^^;)

ぽんた君は大人しくなっていましたが、私は父親に注意をしました。

 

私が飼っていたうさぎのぽんた君は外に散歩に連れていった際、すぐに逃げてしまう為、首輪とリードをつけていました。うさぎは大人しいようでそうではない一面をもっているのかもしれませんね。うさぎの性格によっては違うかもしれませんが。

 

ぽんた君は猫に威嚇されていました。威嚇されるたびに猫を追い払っていたのは私でした。よく、ぽんた君に抱っこした時に頭を撫でながら、"怖くなるなら自分から猫のところにいかないのー"って言っていたのを覚えています。

 

人が心配しているのにぽんた君はすやすやと寝ていましたwww

 

私が小学校高学年の頃、動物が飼えないアパートに引っ越すこととなり、ぽんた君を長崎県のおばあちゃんの家で飼ってもらう事になったのです。

あの頃の私には辛い事でしたね。赤ちゃんの頃から一緒だったぽんた君といきなりの別れでしたからね。目が腫れるまで何度泣いた事かわかりません。

 

そのぽんた君は今はこの世にはいません。私が中学3年生の頃に長崎のおばあちゃんから電話で聞かされました。約11年生きたぽんた君、彼と離れたあの時からずっと彼を忘れる事はありません。

 

これからも彼の事を忘れる事はないでしょう。だから、私はこの”ぽんた”という名前をいたるところで使用しています。彼との思い出を忘れない為に!!

 

動物を飼っている方々は私の気持をわかってくれるのではないでしょうか?

また、これからうさぎではなくても動物を飼おうと思っている方々は飼った子との思い出を大切にして下さい(^▽^)

 

最後まで私のブログにお付き合いいただきありがとうございました。

次のブログもどうぞ宜しく御願い致します☆

 

ぽんたでした🐰☆彡